スポンサーリンク

【リメイク版対応!!】キャラ別おすすめクラス&全クラス点数評価【聖剣3】

リメイク版対応の聖剣伝説3トライアルズオブマナのおすすめクラスチェンジ考察

とりあえず現状判断できる範囲でのリメイク版暫定おすすめクラスを紹介しています。

 

スポンサーリンク

簡易評価一覧

オススメ度は「そのキャラの光・闇を相対的な比較」「全キャラ総合の比較」「扱いやすさ」の3つの要素を組み合わせての総合評価。暫定版なので結構適当。

キャラ オススメ度(光) オススメ度(闇) 備考

デュラン
★★★★☆ ★★★☆☆ 光は守備特化で回復持ち、闇は攻撃特化。とは言え火力だけを優先するなら他に優秀なキャラがいるので、唯一無二を目指すなら光は相対的にオススメ。

ケヴィン
★★☆☆☆ ★★★★☆ 物理火力特化キャラとしての長所を伸ばすなら基本闇クラス。

闇クラス3の広範囲必殺技が本編クリア後のコンテンツや稼ぎプレイでの活躍も。環境さえ整えばトップクラスの性能


ホークアイ
★★☆☆☆ ★★☆☆☆ 光はややトリッキーな運用、闇はシンプルにアタッカー性能が伸びる。

アンジェラ
★★★★★
★☆☆☆☆ クラスチェンジ後の範囲攻撃魔法が強力。光クラスのアンジェラは現状の最強キャラで一人だけゲームが違う。光クラスが強すぎるために闇は相対的に低評価。

シャルロット
★★★☆☆ ★☆☆☆☆ 光クラス2で回復魔法全体化。回復スペシャリストを目指すなら光。闇は特殊運用系。

リース
★★★★☆ ★★☆☆☆ 味方のバッファーが光、敵のデバッファーが闇。誰と組んでも相性が良い。光側は必殺技の回転率が非常に高くなる。

 

デュラン

◆クラス2:グラディエーター(闇)

グラディエーター側へ進むと高火力でなおかつ必殺技が広範囲になるということで、火力+範囲はやはり正義ということで。デュランに火力要素を求めているのであればコチラ

武器に属性を付与できるようになるため弱点攻撃も可能になる他、アビリティ効果によりセイバーをかけるだけで与ダメージアップの効果も得られるように。

その後は無難にデュエリストに進んで火力を重視するか、セイバー系重視(セイバー全体化など)のソードマスターにするかという選択肢。

単純な攻撃性能だけで言えばやはりケヴィンやアンジェラに勝つことが難しいので、もしそれらのキャラと併用するのであれば無理にデュランを火力キャラにする必要はないかも。

中途半端に火力クラスにして空気になるくらいなら、光側で唯一無二の性能を得るというのも一つの考え

一番の火力クラスであるデュエリストの必殺技がザコ敵全てに当てるのが難しいのも、後々にではあるが気になってくるポイント。

 

◆クラス2:ナイト(光)

パーティメンバーのバランスを見た上で、「デュランが火力担当である必要はない」「誰でもいいので回復役が欲しい」という場合は光側は実はかなりオススメ。

今作はデュランに「挑発」のアビリティを持たせてタゲ取りさせることができるので、装備可能で防御力重視の光側は思ったよりも強さを感じる

ナイトだと単体のヒールライトまでしか覚えられないが、CPU操作でほったらかしてても、タゲを取って食らったダメージを勝手に自分で回復してくれるので手間が省けることも。

ショートカット設定してヒールライトを連打してるだけで、減っている味方順に回復できるのも意外と有用。ヒールライトを利用した満タンコマンドも便利

 

◆クラス3:ロード(光闇)

最大の特徴として「ヒールライト(全体)」を習得する

個人的な今作イチオシのクラスの一つ。味方に全体回復持ちが他にいないならロードはかなりオススメ。若干不遇だったナイト時代を一気に跳ね飛ばすくらいのパワーはあるので、このクラスを前提としてパーティ編成を組むのも全然アリ

オリジナル版の方では少し詠唱が遅い理由で即効性のやや薄かったヒールライト全体ではあったが、今作は即時発動なので有用性はかなりアップ。

回復量アップ系のアビリティと組み合わせると回復量も申し分なし(最終的には800くらい回復できる)。さらにヒールライトに状態異常回復効果を乗せるアビリティも存在する

「耐久力が高いキャラが全体回復を持っている」というのが実はかなり重要で、ボスの即死級の全体大ダメージを貰った時にデュランだけが生き残る⇒すぐに立て直し、とできるのはかなり大きい。

自分でメイン操作すれば気軽に全体回復を使用できるのでかなり扱いやすく、回復したい時だけ切り替えという運用も強い。CPU操作で放置していても、自分で食らった分を自分で勝手に回復しつつ、ついでに味方も回復、となるので便利。

攻撃アップオール(7%)・防御アップオール(7%)・魔攻アップオール(5%)といった付けてるだけで味方全体に効果のあるアビリティも中々有用。

 

◆クラス3:パラディン(光光)

一方でパラディンは、味方へのダメージを30%肩代わりするアビリティが特徴的ではあるが、全体的にパッシブな内容が多く、一見して強さが少しわかりにくい印象。

基本はロードの方が圧倒的にオススメではあるがクリア後要素を想定する場合は実はかなり強い要素を持っているのがパラディン

まず必殺技が自分中心に広範囲なので、リンクアビリティによる大幅SP補強が可能になってきてからは重宝する。他に扱いやすい必殺技や範囲攻撃を持っているキャラがいない時は、ザコ狩りでも使える性能。

そして一番重要なのは「セイントセイバー」を習得すること

本作のタイムアタックミッションにも対応している隠しボスが光属性弱点なのでこのセイントセイバーが大活躍する。

通常攻撃主体のパーティにかなり刺さるので、ケヴィンを主力にしている場合はパラディンでの運用も一考の価値アリ。

 

ケヴィン

◆クラス2:バシュカー(闇)

やはりケヴィンに求めるのは単純な攻撃力ということで、将来的にも火力が期待できる闇が断然オススメ。あまり深い理由はなし。

◆クラス3:デルヴィッシュ(闇光)

戦闘開始から10秒間無敵という専用アビリティがかなり強力

ケヴィンメインでゴリ押しプレイしているのであれば、デスハンドの火力を捨ててでもこちらをチョイスする価値はあると言える。

攻撃にHP吸収を付与できるムーンセイバーも撃たれ弱いケヴィンと相性が良い。

◆クラス3:デスハンド(闇闇)

シンプルに火力重視なのがコチラ。

最終的な完成形として上になるのはデスハンド側で、そこまでの過程が楽なのがデルヴィッシュという印象。

 

闇クラス3の共通

かなり先の話にはなってしまうが、サボテン君コンプ報酬と隠しボス4分討伐のリンクアビリティを同時につけるとバトル開始時にSP+300%されるようになるので、獣人化状態の広範囲レベル3必殺技で簡単に敵を殲滅できるようになる。

環境さえ整えばザコ敵相手なら脳死で必殺技稼ぎプレイが可能になり、虹色の種稼ぎなどでも大活躍する。

オーバーキルで演出時間が勿体ない場合は、アンジェラと使い分けるような形がオススメ。

 

ホークアイ

◆クラス2:ニンジャ(闇)

ホークアイは光の方へ進むとかなりトリッキーな方向に伸びていってしまうので、シンプルに扱いやすい闇側のニンジャをとりあえずオススメ。

今作はCPU操作でも特技を使用してくれたり、特技使用の演出で時間停止することがないので、闇側の攻撃系特技がいいダメージソースになるのではと予想。

クラス3はニンジャで特技の使用感次第で、それがあまりにも強いならそのまま上位性能になるニンジャマスターに、そうではなさそうならより攻撃的なナイトブレードに、という流れになりそう。

 

アンジェラ

◆クラス2:ソーサレス(光)

弱点属性攻撃が得意な万能対応型なのが光側クラスの特徴。

各属性の広範囲魔法(ホーリーボール+など)を覚えるのは光も闇も共通だが、こちらは単体高火力系の属性魔法も一通り覚えられる

弱点属性をチョイスした際の雑魚敵の殲滅力、ボスへの単体火力どちらを取っても優秀。

マップに合わせて弱点魔法に切り替えつつ、ショートカットに登録して魔法を連打してるだけでだいたい何とかなる。ポイントの関係でいきなり全ての属性を覚えることはできないが、少しずつ増やして対応力を上げていきたい。

魔法の消費MPを軽減するアビリティも覚えることができるのもポイント。

クラス3になるとより万能さが増していくため、それを見越して万人にオススメしやすいのが光クラス側

 

◆クラス3:グランデヴィナ(光光)

クラス3のグランデヴィナとアークメイジは共通して、従来の単体高火力属性魔法が広範囲化する。また、若干性能は違うがどちらも無属性広範囲魔法を習得

具体的に違ってくるのはアビリティ関連。

こちらのクラスの強みは魔法の与ダメージ25%アップ」「ボス以外への与ダメージ20%アップ、そして専用アビリティのバトル勝利時、MPを15%回復

戦闘終了後のMP回復は、レベル45の時にだいたい19ほど。

また、必殺技も広範囲攻撃に。

全体的にザコキラーとしての要素が強く、ザコ敵相手に関してはもはやぶっ壊れクラス。何も考えずにセイントビーム+や属性範囲魔法をザコ敵にぶっぱなしてるだけで何とかなってしまうようになり、さらにMP切れの心配もなくなる。

グランデヴィナ アークメイジ
与ダメ25%アップ エレメントコンボII
(最大30%与ダメアップ)
戦闘終了時MP15%回復 消費MP軽減40%(合計70%軽減)
ボス以外に与ダメ20%アップ ボスに与ダメ20%アップ

↑はアークメイジとの簡易比較。

基本はグランデヴィナがオススメではあるが、本編クリア後のコンテンツを見越すのであれば、ボスに対してより強いアークメイジ経由もアリ。ザコ敵との兼ね合いなどの状況を見つつ、本編クリア後のクラスリセットも視野に。

 

シャルロット

◆クラス2:プリーステス(光)

「シャルロットをパーティに入れる=回復役として招いている」ということがほとんどだと思うので、より長所を伸ばすことのできる光が無難にオススメ

なにかこだわりがあったり、特殊運用をしてみたいなら闇という選択肢もあるが、基本は光で問題ない。

 

リース

リースの光と闇の分岐はわりとシンプルで、光側が味方のステータスバッファー、闇側が敵へのステータスデバッファーという感じになる。

◆クラス2:ワルキューレ(光)

個人的におすすめしたいのは、メイン操作キャラクターとしても優秀な光側のワルキューレ

専用のパッシブアビリティが「通常攻撃ヒット時、SPを1%増加」という強力なものになり、既存のSP補強系のアビリティと組み合わせることで必殺技の回転率を大幅に高めることが可能になっている

必殺技が特別優秀なこのゲームにおいて、必殺技の回転率が高いというのはさすがに強みであると言える。通常攻撃でSP溜め⇒必殺技1を撃つのループが強力相手のアーマー割りにも気軽に必殺技を撃てるようになるのが地味にデカい

また、ステータスバフ系の特技も使いやすくシンプルに優秀。クラス2の段階では単体にしか使えないが、ボス戦時に火力担当キャラに攻撃力・魔法攻撃力アップをかけてあげるだけでも十分すぎるほどに強い。

バトル勝利時に味方全体のHPを7%回復するというおもしろいアビリティ「エンドヒール」も覚えることができたり、何かと強い部分が多い。

 

◆クラス3:スターランサー(光闇)

オススメはスターランサー。ステータスアップバフが全体化、さらにバフの時間制限がなくなるため、ボス戦開始直後に一通りかけるとかなり有用。

ヴァナディース側はコレと思えるような部分が個人的には無かったので、相対的に見てスターランサーが優勢に思える。

召喚系に関していずれも共通で言えるのは、演出中自分だけ動けなくなるので、拘束時間が長く使用感は微妙。自分で操作しない前提ならいい感じに火力支援になるので強め。

クラス3両方の特徴を箇条書きしておいたので比較用にどうぞ

スターランサー(光闇)の特徴

  • ステータスアップバフを味方全体にかけられるように
  • 専用アビリティ「特技でのステータスアップ時間をバトル終了まで延長」
  • 主力アビリティ:攻撃アップオール(7%)・防御アップオール(7%)・魔攻アップオール(5%)、付けてるだけで味方全体に効果
  • 画面広範囲に大ダメージを与える召喚「マルドゥーク」、一定確率で沈黙効果
  • 見た目が可愛い(重要)

ヴァナディース(光光)の特徴

  • 専用アビリティ「バトル勝利時に味方全員のHP7%回復(エンドヒールと合わせて14%)」
  • 主力アビリティ:HP50%以上で全体攻撃力7%アップ、50%以下で全体防御力7%アップ、必殺技使用時に全ステータスアップ効果を付与する
  • 画面広範囲に大ダメージを与える召喚「フレイヤ」、一定確率でザコ敵を貧弱な性能に変える
  • 必殺技広範囲

 

関連記事

キャラ&クラス指定での最強パーティ構成・コンセプトパーティ紹介を別記事でまとめていますのでそちらも参考に。

 

聖剣3リメイク
スポンサーリンク
NanoGamesの中の人をフォローする
NanoGames-ナノゲームス-