スポンサーリンク

【2020年版】火有利古戦場フルオートおすすめキャラ・編成例紹介【マグナ】

2020年版火有利古戦場のフルオート適性の高いおすすめキャラ、編成例の簡単な紹介記事です(マグナ編成)。

編成例は自身が火有利古戦場の95HELL↑で実際に使う予定のキャラ&武器編成を紹介しています。終末4凸止まりなので参考になるかはあやしいレベルですが

内容は随時加筆・修正しています。

 

スポンサーリンク

フルオートおすすめキャラ

おすすめキャラ一覧

とりあえず耐久系のキャラ(+α)だけピックアップしてみました

アテナ

・奥義バフで火属性攻撃15%アップ&ガード効果(発動率70%の被ダメ30%軽減)

・ダメカ&再生効果の1アビ

・長期戦になるほど高火力になる強烈なアビダメの2アビとその自動発動

・暗闇&スロウの3アビ

・LBで味方全体の風属性ダメージを軽減

3年生チーム

・サイドストーリーで加入

・奥義で味方全体に6ターンの火属性攻撃アップ&味方全体小量回復

・間隔の短い20%ダメカ(4T間隔)

・味方全体の奥義ゲージ20%アップで奥義回転率を上げられる

・マウント持ち

バレンタインスカーサハ

・奥義バフで全体逆境

・火属性攻撃30%アップ&味方全体回復+クリアの2アビ

・間隔の短いディスペル+超火力の3アビ

・自分が瀕死になった時、味方全体を一度だけ全回復

・バリア中の味方に10%追撃(アニラとの相性も良い)

1アビが味方全体の最大HP25%を消費してバリアを最大5000ずつ付与するためフルオート運用にクセがある

水着ティナ

味方全体回復回復+クリア+刻印付与の1アビ

・暗闇+灼熱の2アビ。暗闇相手に使用でグラビティ、灼熱相手に命中率ダウン(初動で発動可能)

・刻印数に応じて味方全体の奥義性能がちょっとだけアップ

・前提条件はあるが奥義ダメージが非常に高い

アニラ

・奥義で味方全体1000バリア

・味方全体に強烈なバフ(弱体耐性も上がる)

・サポアビで味方全体の攻撃力アップ・風属性ダメージ10%軽減

・属性攻防デバフ持ち

・スロウ持ち

アラナン

・サブメンバー時の効果で火属性キャラの回復性能20%アップ。ターンダメージ時にクリア

アテナ

言わずと知れた火属性の絶対的な守護神。6竜HLやティアマトマリスなどの高難度クエストにて高い評価。

1~3アビ全てに無駄がなく奥義バフも優秀なため、2020年の火有利古戦場フルオートにおいてもトップクラスの使用率になることが予想される。所持していればほぼ確実に選択肢に入ってくるはず。

奥義バフによるガード効果、1アビによるダメカと再生、暗闇にスロウ、LBによるダメージ軽減と被ダメを抑えてくれる要素が数多く存在する。

長期戦においては2アビの威力がどんどん上がっていき、最終的にはアテナ被ダメ時にも自動発動するようになり、とてつもないアビダメを叩き出し続けるようになる。

3年生チーム

ラブライブコラボイベントで加入するキャラ。誰でも加入させられるというのもポイントで、キャラクター不足なら十分に選択肢に入る。

効果量はそれほど大きくないが、奥義発動で6ターンにもおよぶ火属性15%アップのバフと、上限500の全体回復が発動。

マウント持ちであることも大きい。

3アビの全体奥義ゲージ20%アップは、味方全体の初回奥義発動までを早めることができるだけでなく、奥義バフを切らしにくくする効果もあるためけっこう有用。ランバージャックのゼノイフ斧やアテナの奥義バフが優秀なのでしっかり役立つ。

バレンタインスカーサハ

(未所持なので間違ってる部分があったらごめんなさい)

今回の火有利古戦場のフルオート環境において、もしかすると人権になりうるキャラ

5ターン間隔での全体回復・クリア・ディスペル、さらには奥義バフで味方の火力支援とフルオートに必要なものがだいたい揃っている

2アビ・3アビはどちらも「甘露」のスタックを全消費して大幅パワーアップするようになっているが、どちらも使用間隔が同じであるため、フルオートの場合は優先度的に2アビによる回復効果がパワーアップされることになる(はず)。

回復量は甘露0でも全体1000、甘露5まで貯めると全体4500回復となる。被タゲ時・奥義時に甘露スタックが増えるので2~3あたりでの使用が多くなるとは思うが、それでも2400~3100ほど回復するため、破格の回復手段になることは間違いない。

ただ運用に関して注意すべき点が1つ。1アビの効果が「味方全体のHPを最大値の25%分を消費して最大5000バリア付与」となっており、使用間隔が5Tと短いため、HPの回復供給が間に合わないとかなり危険な状態になってしまうことも予想される。

HPひん死時に一度だけ味方全体を全回復もできるので、よほど長期戦にならない限りは問題なく運用できるとは思うが注意が必要。150HELLくらいになるとさすがに外れてしまうかも。

背水環境で使うか使わないかという問題ではなく、単純にHPを維持することが難しくなるため、他に誰を編成するか・古戦場の95HELL↑がどのような攻撃をしてくるかで、実際に使えるかどうかが決まってくることになりそう。

水着ティナ

6周年の無料ガチャ期間にリミキャラであるムゲンと同時に実装されたため、所持してるけど使ってないという人も多いはず。

全体回復・クリア・刻印付与・暗闇・灼熱・グラビティ・命中率ダウンと実はかなり多くの要素を持っており、手動で戦う際には中々編成はされないものの、耐久性重視のフルオートではオススメのキャラ

シンプルに扱いやすい性能であるため、おそらく古戦場が近付くにつれて世間的な評価も上がっていくものと思われる

グラビティ・命中率ダウンは前提条件があるが、3アビによるアビリティ即時使用可能効果により、どちらもフルオートで初動から発動できるようになっている。

暗闇かつ灼熱の相手に対して奥義性能がいわゆる「奥義ダメ極大」レベルまで上昇するためそれも強みの一つ。

ただ1アビと3アビの再使用間隔がかなり長めになっており、実際に回復効果の意味があるのは7T目と3アビ再使用時の10T目になるのでそこは注意。

アニラ

火のマグナと言えばこのキャラ。フルオート向けのキャラのベースダメージが全体的に低いので、それを補う意味でもやはりアニラの3アビ強化バフは重要。火力だけでなく奥義ゲージ上昇量アップやDA率アップで主人公・アテナの奥義回転率も上げられる。

また、強力な3アビ強化バフばかり目立っているが、属性系の攻防デバフ・サポアビによるダメ軽減なども改めて注目したいポイント

アラナン

サブメンバー編成時の効果に「火属性キャラの回復性能20%アップ」と「ターンダメージを受けた時に弱体効果を1つ回復」。

フルオート編成が基本的どのようにして味方のHPを回復するかというのが焦点になるため、サブメンバー時の効果はとても優秀。

誰かが事故ってフロントに飛び出した時も、全体の防御力50%アップ・HP吸収効果付与とその点も評価できる。

 

キャラ&武器編成例紹介

実際に自分が使う予定の編成紹介です。理想編成の紹介ではないのであしからず。

キャラクター編成例

現状で使用予定のキャラ編成。

主人公をフルオートの鬼であるランバージャックフルオート時の耐久性能を重視したアテナと水着ティナ。あとは持ってるならどうせ使うよね的なアニラ

サブメンバーはサブ効果持ちの二人。

初手にザ・サンだけ召喚してフルオートにすれば、主人公やアテナの初回奥義起動までの時間も早まるのでオススメ。

主人公アビ

ランバージャックのフルオートテンプレである落ち葉炊き+大伐断の組み合わせに、EXアビリティ1つフリーで付けられる構成。

まぁおそらくディスペルが必要になってくるでしょうと言うことで。

 

累積防御デバフの補足

動物サポ 1回あたり10% 上限30%
アテナ2アビ 1回あたり10% 上限40%

累積防御ダウンはどちらの数値も「加算」されていき、上限は高い方が上書きされる、という認識でたぶん合ってるはずです。

なので動物サポとアテナ2アビが合計4回発動すれば上限40%の累積防御ダウンになります。

 

相手の防御バフの打ち消しについて

あまり詳しいことは調べてないので簡単な説明になりますが、防御デバフの下限は50%までなのは変わりないですが、相手が防御バフをかけている場合、下限を超えてデバフがかかっている分で打ち消しが可能な仕組みになっています。

今回の編成だと最大で「累積防御40%+火属性防御20%ダウン」の合計60%分なので、相手が防御バフをかけてくるタイプなら最低でも10%分は打ち消せます。ミストがあればさらに25%分打ち消し可能。

ディスペルで相手の防御バフを消すことができない場合は有用になってくるはずです。

 

武器編成例

現状での予定装備。まぁ火マグナは付けられる装備が限られているのであまり大きくは変わらないと思います。

ある程度HPを確保しなければならないのでシヴァ剣1本採用。これでもHPはあまり高いとは言えないので、場合によってはもう1本編成することになるかもしれません。(その場合は四象銃を外すことになるかな?)

バハ武器は何となく時代遅れだと感じてる人も多いと思いますが、コロ杖の火マグナではまだまだ現役です。

ちなみになんですが、コロ杖を4凸⇒5凸すると風属性への予測ダメージが3000ほど増えます。シヴァ剣とコロ杖4凸を入れ替えた時に上がる予測ダメが同じく3000くらい。コロ杖4凸とシヴァ剣を並べてる人がいるなら、シヴァ剣の火力不足を補う意味でもコロ杖は5凸にした方が良いです。6周年で1本は貰えてますが。

アビダメ上限アップ編成

終末武器にはアビダメ上限アップをつけています。ランスロット&ヴェインを利用した肉集め用にアビダメ上限を付ける人も多いと思いますが、それをそのまま使えるのもポイントです。

それにさらにブレグラ武器のウシュムガルを付けてさらにアビダメ上限を上げています。

編成的にランバージャックの動物サポ・大伐断、アテナの2アビとその自動発動、ティナの3種のダメアビと、アビリティダメージがかなりのダメージソースになっているので、アビダメ上限アップの装備とはかなり相性が良いです。

 

ドラゴニックウェポンは採用しない

単純に耐久力だけを優先するなら、もちろんドラゴニックウェポン5凸(楽器)も選択肢に入ってきます。

ただ、今回はオメガ・終末枠のアビダメ上限アップが欲しいことと、メイン武器にゼノイフ斧が無いと連撃率不足でアテナ奥義バフがしっかり回らないだろうというのもあって、ドラゴニックウェポンは採用していません。

 

補足

HPを確保する意味でも、シヴァ剣をもう1本増やしてさらにコスモス剣を持たせるのってアリなのか…?と思ってちょっとだけ試してます。さすがにベースダメージが低すぎて意味ないかもしれないですが、もし使えそうだったら追記予定です。